治療後の過ごし方|美容や健康に役立つボトックス【幅広く効果が出る治療】

美容や健康に役立つボトックス【幅広く効果が出る治療】

治療後の過ごし方

女性

不安を解消するには

注射をするだけで気になる部分を解消できるボトックス治療は、入院不要で治療後もいつもと変わらない生活を送ることができます。しかし治療後に副作用が出てしまう場合もあり、ボトックス治療後はできれば安静に過ごすといいでしょう。治療後に気をつけたいのがマッサージ、運動、サウナ、飲酒などで、安全や仕上がりの維持のためには避けた方がいいです。ボトックス注射をした部分のマッサージを行うと薬剤が他の部分に流れてしまうため、十分な効果を得られなくなってしまいます。また皮下出血を助長させてしまうため、1週間程度はマッサージは避け、洗顔の際には圧力をかけないように優しく洗いましょう。治療後に運動をすると注射した部分から出血する可能性があり、サウナや長風呂、熱いお風呂も運動と同じで血流が良くなり出血の危険があります。治療当日の飲酒も出血や腫れ、赤みの原因になってしまうため、飲まない方がいいでしょう。治療後はこのような事に気をつけ、特に仕上がりを維持したい人や多少腫れがある人は1週間程度は運動、サウナ、飲酒は控えるといいでしょう。ボトックスの主な副作用は頭痛、眼の異常感、眼瞼下垂、眉毛下垂、赤み、炎症、腫れ、出血などがあり、副作用が起こる原因は適量以上の注入による薬剤のききすぎです。またボトックス注射による筋肉の反応に個人差があるからです。しかし治療後に腫れや内出血があっても2〜3日程度で引き、気になる場合には化粧で隠すことができるので、いつもと変わらない生活を送ることができます。治療を受ける前には色々な不安がありますが、信頼できるクリニックを選ぶことで解消することができます。クリニックを選ぶ際にはボトックスに関しての知識が豊富、実績が多い、日本形成外科学会が認定する「形成外科専門医」や日本美容医療協会が認定する「日本美容外科学会専門医」の資格を持っている医師なら安心です。近年ではホームページを持っているクリニックが多いので、治療方針や設備、どのくらいの経験があるのか、どんな医師なのかをチェックしておくことが大切です。またボトックスの薬剤にはいくつか種類があり、日本で認可されているのはアメリカのアラガン社が作っているボトックスビスタです。そのためどの薬剤を使っているかもしっかりと確認しましょう。